ロアッソ熊本 公式ケータイサイト

15節
[ vs Y.S.C.C.横浜 ]

1ハーフタイム 2試合終了後
ハーフタイム

【渋谷監督(熊本)】
・相手はプレッシャーに来るものだと思って、ボールを引き出そう。
・攻守とも、今までやってきたこと、やるべきことを、しっかりピッチの中でやること。
・自分達で崩れないこと。助け合って、絶対、勝とう!

【シュタルフ悠紀 監督(YS横浜)】
・ここから成長した姿を見せよう!
・プレーの質を上げていこう。


1ハーフタイム 2試合終了後
試合終了後

【渋谷監督】
今日はこの大雨の中、我々ロアッソ熊本の選手、Y.S.C.C.横浜の選手も非常にタフに戦ってくれたのではないかと思います。また、ファン・サポーターの方々もたくさん駆けつけていただいて、たくさんの声援を送っていただきましたが、残念ながら勝利に届かなかったことは非常に悔しいですし、本当に申し訳ない気持ちです。ただ、選手達は、本来ならば最初に1点を取って、そのまま推移して、もう1点、もう1点取るというイメージを持ってやっていましたが、サッカーは難しいなということを、昨日の各会場の結果を見ていても、選手達にはそれを伝えていました。今日は1点取られてもそれはあることだと思いましたが、ただ、後半に我々にチャンスがあった中で点が入らなかった時に、我々の選手全体で、やるべきことを少しずつ疎かになってきているなと見えている時に失点したので、やはりサッカーは我々がしっかりやらなければいけないことをやらなければ、得点にも繋がるけど、失点にも繋がると、今日学んだゲームでした。今日のゲームは引き分けましたが、次に繋がるように、トレーニングをしっかりして、準備して、次のホーム戦に向かって行きたいと思います。

【高瀬選手】
(得点について)ゴールを狙っていました(笑)
今日は相手が前に人数をかけてプレッシャーに来ていて、1人飛ばすパスや奥を使うなど、どこかで使えていたら、相手のプレッシャーも弱くなって、自分達の矢印も前に向けれたのではないかと思う。繋ぎの部分で、最後のところは参加できなかった部分はこれからの課題だと思う。負けなくて良かったという気持ちもあるし、良くない内容ではあったが負けなかったのは、自力が付いてきたと思うし、チームが同じ方向を向いているので、そこはプラスに捉えている。

【鈴木選手】
(得点について)こぼれ球を狙っていたので、決められて良かった。
今日は勝てなかったことが悔しい。ビルドアップ時の距離感は悪かったと思う。ピッチコンディションもあったが、ボールが跳ねたり、ピッチコンディションに気を取られた部分もあったが、自分達がボールを保持しながらやらないといけないと思うので、反省しなければいけない。どんな試合であっても、引き分けではいけないし、明確な目標がある中で、勝ちきれないといけないので、勿体なかった。

【中山選手】
ピッチコンディションが悪い中でも、しっかり繋ごうという意識はあったが、相手の圧力に負ける部分もあった。いつもやっている、しっかりポジショニングを取る、1歩、2歩にこだわって、ルートを中で共有しないといけないかなと思う。全体的に少し距離感があって、守備でも縦パスや楔が入っていたので、中盤でしっかりやらないといけないかなと思う。チームがやろうとしている守備に、うまくいっている時ははまっていて、中盤としても狙いやすいが、うまく行けていない時はやられていたので、共有して、しっかりスライドする、後ろも付いてきて、その距離を良くすることで、プレスバックができたりする。


4前のページへ
0ホームへ
(C) ATHLETE CLUB KUMAMOTO