ロアッソ熊本 公式ケータイサイト

第21節
[ vs 松本山雅FC ]

1ハーフタイム 2試合終了後
ハーフタイム

【渋谷監督(熊本)】
・守備面では、相手はワンタッチで迷わず背後に来るので、ラインコントロールをしっかりと。
・攻撃面では、背後と斜めのランニングを。シュートで終わるイメージを。
・自分のプレーの最大値を出そう。集中を高めること。

【反町監督(松本)】
・もう1回しっかりネジを巻き直すように。
・我々の左サイドのDFをしっかり整理してゲームに入るように。
・しっかりとしたビルドアップから前線の3人を上手く使うこと。


1ハーフタイム 2試合終了後
試合終了後

【渋谷監督】
今日はマイナビマッチデーに、1万人を超えるたくさんのファン、サポーターの方々がスタジアムにご来場いただいたにも関わらず、大変申し訳ない結果で本当に残念ですし、悔しい思いと申し訳ない気持ちしかありません。今日はゲームのスタートから失点する形となり、1失点後の2失点目の時間帯があまりにも早く、相手を楽にさせてしまったと思うので、1失点しても粘り強く戦うことが重要だと感じられる試合でした。相手の強みであるセットプレーや早い攻撃が全て得点につながり、我々が失点したということは、相手のことを分析はしているのですが、対応できなかった部分はあるので、そこをしっかり突っついていかないと、後半戦が非常に苦しくて厳しい状況が続くと思います。選手達は最後までタフに戦ってくれたので、その部分は選手達に頭がさがりますが、残念ながら彼らの力を、ファン・サポーターの力を結果として勝利できなかったことがすごく残念ですし、私自身いろんなことを追求してやっていかなければいけないと分かりました。これからは後半戦に入るので、しっかり結果を出す、目の前の1戦により高めていかなければいけないので、今日の結果をしっかりと踏まえて、来週しっかりと準備していきたいと思います。

【皆川選手】
ファン、サポーターが多く来てくれたなかで不甲斐ない試合になって申し訳ない。自分達のサッカーを突き詰めていかないといけない。自分達の今いる順位を意識しなければいけないし、自分もまだ物足りないし、もっと点を取りたい意欲、貪欲な姿勢を毎試合見せなければいけないし、勝利に貢献しなければならない。得点を取れて良かったが、勝利できなかったことが残念。前線3人で戦えるぐらいの力を見せなければいけない。今週は松本戦の対策をしてきたが、立ち上がりで失点してしまい、プランが崩れた。一人一人が危機感を持って、チームが一つになって、1試合1試合勝つ気持ちで、その1試合で気持ちを見せるよう、自分の記録とチームの勝利に向けて頑張りたい。

【佐藤選手】
たくさんのサポーターがスタジアムに来てくれ、スポンサーの協力もあって、良い雰囲気の中のゲームだったが、パワーに変えてピッチに出すことができなかった。セットプレーからの失点を気をつけなければいけないシーンで、相手のストロングポイントも分かっていて対策はやっていたが、相手のパワーが上回った。2失点目が早かったし、3失点は難しくなる。まだ監督の求めていること、選手の求めていることができていない部分が多いので、トレーニングから取り組んでいきたい。まだ半分残っているので、自信を失うことがないよう、前を向いて、チームを強くしたいという気持ちでやりたい。

【村上選手】
相手に押し込まれる時間が長くて、守備にパワーを使ってしまっている。前半からミドルシュートを打った方が良いと中盤の選手には言っていたが、もう少し特徴的に引き出してサイドを使っても良かった。


4前のページへ
0ホームへ
(C) ATHLETE CLUB KUMAMOTO