ロアッソ熊本 公式ケータイサイト

第3節
[ vs モンテディオ山形 ]

1ハーフタイム 2試合終了後
ハーフタイム

【渋谷監督(熊本)】
・ボールを出して、動いて、サポートすることを意識してやること。
・全然、慌てないでプレーすることをやり続けること。
・「きわ」の部分が勝負の分かれ目になる。

【木山監督(山形)】
・前半よく耐えた。サポートをしっかりやっていこう。
・自陣から出て相手のコートでプレッシャーをかけて。
・後半、もう1回強くやっていこう。


1ハーフタイム 2試合終了後
試合終了後

【渋谷監督】
今日も暑い中、ファン・サポーターの皆様がたくさん来ていただいたにも関わらず、勝利を届けられず、私自身悔しい気持ちしかありません。本当に最後までたくさん応援いただいたのに1点返せなかったので勝ち点も取れず、勝利も取れずに、今日のゲームで自分自身大きな悔しさが残っています。リーグ3戦目、ホーム2戦目で勝利を届けることはできませんでしたが、今日の負けを糧にして、次に向かっていきたいと思っています。
3月11日、東日本大震災から7年、熊本地震から2年が経ち、震災を受けたということで、今日は東北などや、被災を受けられた方々で熊本を応援してくださる方もいますし、熊本でまだ厳しい状況にいる方に、勝利ということで力を与えたかったのですが、残念ながら負けてしまったことを申し訳なく思います。
ホームでは絶対勝利ということを選手たちには伝えていますし、それぐらいの戦いをしてくれと、観に来てくれた人達が価値あるものということでと、シーズン最初から言っていますけれども、価値あるものにするには勝利ということ、それをしっかりと届けなければいけないなと思いました。今日、テレビで見ている方々もたくさんいたと思いますが、応援してくれた方には本当に申し訳ない気持ちです。次に向けて切り替えて、3連戦なので良い準備をして、総力、全員で戦ってしっかり勝利して、ここに戻ってきたいと思います。

【田中選手】
今日は勝ちにつながるゴールにならず残念。(得点シーンについて)あのような所に入っていかないとチャンスは生まれないので、そのようなシーンを作っていきたい。今日はドリブルするところ、中山選手とのコンビネーションでサイドをやれていたので、得点やアシストできるようなシーンが作れていたが、勝ちにつながるプレーが良いプレーなので。ホームでは勝利を見せなければいけなかった。次はアウェイですが、駆けつけてくれるサポーターの為にも頑張りたい。

【米原選手】
最初に失点すると難しいゲームになるので、簡単に失点しないことが大事。良い流れでも終わりが大事。終始、攻め込んでいるイメージはあった。前半の終わりに簡単に失点してしまい、良いゲームをしていたのに難しい展開になり、後半良い入りで得点できたので、後半入りのチャンスで決めきれれば良かったと思う。

【中山選手】
入りから悪くなかったが、前半終了間際に失点して、皆、逆転できると信じて入り、後半1点取れて、その流れで逆転したかったが、失点してしまい、悔しい試合になった。攻守の形は良かったが、最後決めることができず、良いサッカーで終わりではなく、勝ち切るサッカーをしなければいけない。

【佐藤選手】
ゲーム内容は悪くなかったが、ゲーム内容よりも結果が欲しい。ゲームが良かっただけに悔しい。失点のシーンを冷静に一つ一つ修正していかなければいけないし、無失点で終わることだけではなく、相手よりも多く得点を取ることも大事。残念ながらセットプレーなどで相手に2回も先に点を取られたので、修正したつもりではあったし、先に相手に触られてしまっていた。やることはぶれずに、高めていくことが大事。


4前のページへ
0ホームへ
(C) ATHLETE CLUB KUMAMOTO