ロアッソ熊本 公式ケータイサイト

27節
[ vs 東京ヴェルディ ]

1ハーフタイム 2試合終了後
ハーフタイム

【池谷監督(熊本)】
・前半の最後の方はうまく守れるようになってきた。DFの守り方は変わらない。
・我慢強くプレーしよう。どこかでチャンスを見つけ出し、チャンスが来た時は全員が少しずつ頑張って出て行こう。

【ロティーナ監督(東京V)】
・集中を切らすな!
・どんどんシュートを打とう。
・自陣でのファールに気をつけること。


1ハーフタイム 2試合終了後
試合終了後

【池谷監督】
難しいゲームだったと思います。アクシデントがあったので、そこから長い時間、守備をすることになって、最初はなかなかうまくオーガナイズできなかった部分がありますけれども、前半の終わり頃から良い感じで守れるようになってきたので、後半も指示通り守備のところはできていたと思います。ただ時間が長かったので、最後まで粘ることができなかった。非常に残念なゲームだと思います。

【畑選手】
早い時間に一人少なくなって、チームとして守りきろうと最後まで体を張ってたが、最後に失点して残念。皆が体を張って、走り回ってやってくれていたので、無失点で終わりたかった。次に向けて切り替えたい。(相手のシュートに対して)DFがコースを切ってくれて対応しやすいシュートだったが、最後に失点してしまったので、そこを改善したい。次の試合に勝つことが大事なので、切り替えたい。

【上村選手】
前半を0点で抑えてハーフタイムに修正をかけて後半我慢強く戦ったが、最後にやられてしまった。次に向けて切り替えてやるが、自分達の力だけではできないので、チーム全体で頑張っていきたい。

【安選手】
80分くらい1人少ない状況だったので、ある程度、守備にシフトするしかなかったけれど、1人1人がプラスαの力を出してやらなきゃいけないという気持ちで、自分自身だけじゃなく、チーム全体がそういう気持ちでプレーしていた。チームとしてハードワークして守れている感覚はあったが、結果として失点してしまった事実は変わらない。ただ、みんなでハードワークできたことは、次に活かしていきたい。


4前のページへ
0ホームへ
(C) ATHLETE CLUB KUMAMOTO