ロアッソ熊本 公式ケータイサイト


42節
[ vs ベガルタ仙台 ]

1ハーフタイム 2試合終了後
ハーフタイム

【北野監督(熊本)】
・バイタルエリアではダイナミックに!中盤で一度作り出してスルーパスを出すプレーを入れていこう。
・守備面では、相手のバイタルエリアを消すように!後半も続けていって点を取っていこう。

【手倉森監督(仙台)】
・前線への動きを、もっとテンポを上げていくこと。
・守備面は辛抱強く、焦らずに最後まで戦うこと。


1ハーフタイム 2試合終了後
試合終了後

【北野監督(熊本)】
仙台に手堅くこられた印象。スカウティングからロングボールでくるというところは対処できた。今シーズン仙台に全敗で全てセットプレーでの失点というところは残念。うちの特徴である中盤でボールを動かす、相手を動かすことはできていた。スピードも良かったし、チャレンジしてくれたことは評価したい。バイタルエリアまではボールを運べたが、ゴールに向かう動きが躊躇していたし、3人目の動きをしないと相手に固められてしまう。今日はチームとして一つになってトライしたことは良かった。選手交代の意図は、宇留野選手と藤田選手の運動量が落ちていたので、山内選手を入れて3トップにし、吉井選手を入れて山本選手と2列目を狙った。松岡選手は足がつっていたので原田選手と交代したが、その後、木島選手も足をつってしまったが頑張ってくれた。仙台は手堅く来ると思っていたので、中盤は優位に立てるので積極的にいこうというプランで勝ちにきたが、勝てずに残念だった。


4前のページへ
0ホームへ
(C) ATHLETE CLUB KUMAMOTO